RSS
Admin
Archives

明星大学 通信教育~小学校教員免許を取る~

10月生でこれから小学校教員免許を取得する過程 since 2010/10

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03
12
Category : レポート
久しぶりにレポート作成です。
終わった・・と思ったのにまさかの再提出です

司書教諭レポートは再提出が多く、厳しいとは聞いていましたが、確かに厳しい。
しっかり、的確に自分の考えで論述することが求められる科目です。

今回は、指摘されたところをしっかり訂正し、書きました。合格頂けるといいな。
スポンサーサイト
2012.01
19
Category : レポート
本日をもって、小学校1・2種免許取得に関する全レポートが合格が確認できました。
疲れましたが、達成感がこみあげてきました。
後は、科目終了試験で単位取得のみとなります。
最後まで気を引き締めて合格できるよう頑張っていきたいです


2011.12
14
Category : レポート
明日のレポートの〆切に間に合う?今日、投函してきます。
初等算数科教育法は、やってみると案外面白い科目でした。
算数って面白いですよね。でも、算数科教育は理論っぽくて苦手でした。
これで、レポートもあと少し・・やっと今日、冬期スクの振込ができます!

【755】初等算数科教育法

◆1単位目

1.「円周の測定」のところで、身の回りから、円の形をしたものを見つけ出し体験的な算数活動を通しながら、
  円周と直径との関係を探る方法が良いといわれています。具体的にその算数的活動について述べよ。
2. 次の文章題の特徴について述べよ。またテープ図(帯図)を用いて解く指導案を示せ。
  「はこの中のみかんを6個食べました。まだ3個残っています。みかんははじめ何個あったのでしょうか」
3. 小数のわり算で、あまりを小数で出す場合、児童には抵抗が大きい。
具体例「37.43÷72」を用いて、効果的な指導方法を述べよ。

◆参考文献
テキスト

◆レポート作成 
1.体験的な算数的活動をすることで、円周は直径の約3倍であることを認識させること。
2.逆思考の文章題であることから、□=3+6をテープ図を用いて理解させる。
3.「ノートの方眼」を利用して位取りを明確にすることが大切である。

◆評価 合格
2.□-6=3 順思考 逆思考□=3+6 で求める。
2011.12
13
Category : レポート
算数科教育に苦戦中してしまい・・レポートの〆切が明後日に・・
初等算数科教育法を大至急仕上げています。
明日にはポスト投函だ!!

【755】初等算数科教育法

◆1単位目

1.速さの概念を理解させるための算数活動として扱うよい指導法について述べよ。
2.次の文章題の特徴について述べ、この解決案を示せ。
タンクに水を一杯入れるのに、Aの管だけでは24時間、Bの管だけで入れると12時間かかる。
AとBの管を同時に使うと何時間かかるか」
3.概数の指導で必要な位や、桁数を示すには、どのように表現したらよいか。具体例「24726」を例に使って
イ「百の位までの概数」と ロ「上から2ケタまでの概数」を述べよ。

◆参考文献
テキスト (速さP116-119、文章題P185-198、概算P67-68)
小学校学習指導要領 算数

◆レポート作成
速さは「時間」と「距離」など異種の2つの量に関係する量である。速さを表すにはまず、速さ・距離・時間の
関係を数直線を使用して直感的にとらえさせ、公式にまとめて活用する方法がある。・・・児童には速さを
もとめるにあたって、単位量あたりの量を求めさせることを気付かせるとよい。

◆評価 合格
2.タンク1杯の量は1としてもよいが、24と12の最小公倍数にしてもよい。
2011.12
12
Category : レポート
算数科教育・・思ったより苦戦中です。
やっと2単位目にいきました。
算数ではどうしてそのような答えが導きだせたかについての自分の考えが大切ですが、
受験で公式を覚えて問題を解くことを行ってきた自身は、問題解決型が苦手なようです。

【651】算数科教育

◆2単位目

1. 文章題の解決能力を高めるにはどうしたらよいか
2. 数学のテスト結果より、次のような度数分布表を得た。次の質問に答えよ。
  ①平均 ②モード ③中央値 ④ 90点以上の確率
3.低学年の算数学習に必要な児童用のおけいこどうぐ(教具)としては、どのような面を備えているものが望ましいか。

◆参考文献
テキスト(答えのみを示すのではなく、計算過程を必ず示す)
 初等算数科教育法のテキストも参考になります

◆レポート作成
文章題を解く場合、ほとんど手をつけられない児童は、問題を解く手順、すなわち問題解決の思考過程を児童自らが身につけていないからである。児童が自主的に問題解決できるような問題の提示や解決過程において、次のような点に配慮することが必要とされている。・・・
 
◆評価 合格
児童が自主的に問題解決のための思考過程をたどり、問題解決の努力ができるように、文章題解決の手順を身につける学習訓練をする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。